面接時に覚えておきたいマナー

転職に際しては最大の関門として面接が待ち受ける事になり、少なからぬ緊張を伴うことになります。
ただその一方で学生時代に就職活動の経験がありますので経験者ゆえの余裕を感じさせる方も多く、それなりの準備しか行わない場合もあるのですが、面接時に覚えておきたいマナーや注意点にはどのような事柄があるのでしょうか。

まず覚えておきたいマナーについてですが、事前に行う用意として遅刻がないよう応募先までの交通手段や地図などを印字しておくと共に、受付で話をする際に担当者の名前や所属部署を忘れることがないようメモしておくと良いでしょう。
最近では何でもスマートフォンで管理したり地図を閲覧することも多いのですが、スマホの場合は電池切れや壊れたり失くすこともあるわけで、それ以外にも情報を印字した紙を用意して遅刻なく目的地にたどり着けるよう準備しておきましょう。

続いて面接時で覚えておきたいマナーとしては身だしなみが非常に重要になり、私服勤務の会社であってもスーツで訪れる事は当たり前であり、特に女性はアクセサリーやメイクなどについて控えめを心がけましょう。

また面接時の注意点としては、つい誇張して話をすることも往々としてあるのですが、質疑応答では嘘をつかず誠実に答えて聞かれたことに的確に答えることがポイントとして挙げられます。
またそれ以外にも積極的に質問を行い意欲を見せると共に、その一方であまり前のめりになるのではなく自身の考えと会社側でミスマッチがないか冷静に探ることも注意点として挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です